1. ホーム >
  2. 学校案内 >
  3. 国内・海外研修制度

国内・海外研修制度 一流の技に触れる機会をより多く

ヨーロッパ研修

イタリアとフランスの2カ国を10日間にわたり訪問。

毎年11月に行われるヨーロッパ研修。
イタリアでは、北部の街トリノにてパルメザンチーズ、パルマハム、バルサミコ酢の工場見学を行い、ICIF(外国人のためのイタリア料理研修期間)では特別講習及び本場のピエモンテ料理の調理実習を実施。
フランスでは、リヨンに立ち寄り「マルシェ」「ビストロ街」など市街を散策し、パリではグランシェフ「ギィ・マルタン」がプロデュースする「MIYOU」にて、本場のシェフによる本格的なフランス料理の実習を行うなど、新旧の食文化を堪能する充実した10日間です。


台湾研修

台北・高雄を5日間たっぷりと満喫。

5日間にわたり台湾で中国料理研修を実施
台北・高雄では市内観光と本場の中国料理を有名レストランで堪能。また両都市で、国立大学の調理師学校を訪問し、大学の料理講師と在学生達と一緒に料理実習も行います。
授業で習った中国語を駆使し、現地の学生たちとも触れ合える充実した研修です。

京都研修

京都研修 京料理、京野菜、陶芸、和の文化を感じる5日間。

「日本伝統の文化を学び、料理の感性を磨くこと」を目的とした京都研修では、調理研修では、京野菜についての講義や錦市場の見学、陶芸体験などを行います。さらに寺院に一泊し、「朝のお勤め」も経験したりと盛りだくさんの5日間です。
各自が料理をイメージして作成した陶器は、毎年学園祭で作品展示として披露します。研修で学んだ和の心は将来の大きな財産となるでしょう。
日本料理専攻コースの学生を中心に実施いたします。