製菓製パン科2年制 洋菓子専攻コース

特 徴

売れる魅力を引き出す、パティシエになる!

  • リッチモント製パン製菓
    専門学校の
    製菓技術が学べる

    スイスにある製菓の名門校、リッチモント製パン製菓専門学校の製菓技術が学べるカリキュラムを実施。専門学校としては、日本ではじめて卒業と同時に修了証書をもらうことができます。日本にいながら世界の技を身につけるコースです。

  • 地元企業に商品を
    プレゼンテーション

    グループに分かれ、与えられたテーマを元に地元の企業に自分たちのアイディアと試作品をプレゼンテーションします。優れた作品は実際に店頭に並ぶチャンスもあります。

  • 専門学校生レストランで
    一般のお客様を前に
    店舗経営を学ぶ

    学生が考案したメニューを校舎1Fのカフェで販売。座学で学んだ知識と洋菓子のより高度な技術を、現場で学べる実践実習です。仕込みから調理、盛付け、会計・売上管理、接客サービスまでの一通りを学びます。

在校生の1日

  • 8:50登校

    クラスの友達とはみんな仲良し!今日もみんなで一緒に登校。

  • 校舎に入る際に必ず行う手の消毒。衛生面への気遣いは徹底的に!

  • 9:00着替え

    調理服をきちんと着れているか実習前にチェック。今日も一日頑張ります!

  • 9:20洋菓子実習

    まずは先生のお手本からスタート。このスキルを自分のものにするためにもメモは欠かせません。

  • 作ったお菓子は、
    他の職員さん
    にも食べてもらう!

    自分の作ったお菓子と先生のお手本のお菓子を職員室に持っていって、試食していただきます!客観的な意見をいただけるので、勉強になります。

  • 12:10昼休み

    午後の実習に備えて、いつものメンバーでランチ! おたがいのおかずを交換するのも楽しみです。

  • 13:00午後の授業

    実務経験豊富な先生からの授業は体験談も交えてくれて参考になります。ムズカしくても作ることに繋がる勉強だから、頑張れます!

  • 17:00下校

    学校が終わったら、友達とショッピングをしたり、バイトに行ったり。毎日が充実しています!

時 間 割 例

1年次
1 9:20〜10:10 ホームルーム 食品衛生学 食品衛生学 製菓理論 洋菓子実習
2 10:20〜11:10 洋菓子実習 食品学
3 11:20〜12:10 製菓理論 パン実習
4 13:00〜13:50 公衆衛生学 社会 製菓理論
5 14:00〜14:50 和菓子実習
6 15:00〜15:50 栄養学 食品衛生学
7 16:00〜16:50 衛生法規
2年次
1 9:20〜10:10 ホームルーム 洋菓子実習 洋菓子実習 基礎原料学 店舗デザイン
2 10:20〜11:10 製菓理論
3 11:20〜12:10 開店
シミュレーション
OA
4 13:00〜13:50 新業態と
商品開発
フランス語 シュガークラフト
5 14:00〜14:50 カラー
コーディネート
造形デザイン
6 15:00〜15:50 ラッピング・
ディスプレイ
7 16:00〜16:50

進 路・資 格 取 得

進路
  • 専門店
  • 個人店
  • ホテル
  • カフェ
  • 工場
  • デパート販売(洋菓子)
  • 材料メーカー(商品開発等)
取得資格
  • 製菓衛生師受験資格
    (在学中に受験、取得可能です)
  • フードコーディネーター3級
  • 専門士
  • 食品衛生責任者